社長になる人の特徴とは?

社長になる人の特徴①:今目の前にある仕事を全力でやる。

今目の前にある仕事を全力でやることで、人との出会い、新たなスキル構築に繋がり、ビジネスパーソンとしての成長に繋げることが出来るだろう。

社長になれるのは、ほんの一部であり、人と同じことをやっていたらまずなれることはない。
人の二倍の量を働き、人の二倍精度を高める。
そのくらいの気持ちと覚悟をもって、日々のキャリアを過ごさなければ、
成功する社長にはなれるはずがないだろう。

社長になる人の特徴②:決断力を徹底的に鍛える

社長という仕事は、決断をする仕事とよく言われる。
ビジネスにおいて、なにか重要な決断を迫られることも多い。

そして、その決断が、顧客・取引先・従業員など、多くのステークホルダーに影響を与える。
その為、誤った決断をすることが、大損害に繋がってしまうケースがある。

だからこそ、最適な判断を下して、決断力を鍛える必要がある。
しかし、現代ビジネスにおいて、簡単に決断できないこともあるだろう。

そんな時に思想、哲学の拠り所が必要だ。
経営者は、歴史の思想書、哲学書を読んでいる人が多い。
そこに記載してある歴史の考え方が、あなたの将来の決断力の拠り所になるかもしれないので、是非あなたも思想書、哲学書を読んでみるのはいかがだろうか?

社長になる人の特徴③:幅と深さをもった情報収集力

社長にとって、情報収集力は欠かせない。
先ほどのビジネスの決断、判断にかかわってくることだが、
その情報の持ち合わせによって、決断のリスク度合いに繋がるからだ。

情報をたくさんもっているほど、リスクは削減できるし、
逆に情報が少ないとリスク度も高まる。

だからこそ、情報をたくさん持つ必要がでてくる。

自ら読書、ネット等で情報を拾うのも大事だが、
更に大事になってくるのが、人とのコミュニケーションだ。
ビジネス仲間にしろ、同僚にしろ、部下にしろ、
この人になら気兼ねなくなんでも話せるという雰囲気をつくっておくことで、
入ってくる情報量も変わってくるはずだ。