保険代理店営業はやばい?きついのか?

生命保険代理店の営業は、世間一般的にきついと言われる。
しかし、そんな保険代理店の営業に一歩足を踏み入れて、
辞めたいのに辞められない社員がいることをご存じだろうか?

今回は、そんな保険代理店で働く営業マンの実態について、述べたいと思う。

稼げる仕事?保険営業マンの年収は?

一般的に保険営業マンで給料が高いという意見です。
実際に成功を収めて本を出して、更に稼ぐ人もたくさんいます。

そんな夢もある保険の営業あるマンですが、
どの程度の報酬を得ることができるのか、収入についてご紹介していきます。

各年齢・年代別の平均年収は、下記の通りになります。
20代:約330万円
30代:約480万円
40代:約580万円

平均は上記の通りになりますが、
女性の営業マン(セールスレディ)で稼ぐ人は、
年収1000万円以上稼いでいる人もおります。

というのもセールスレディーの多くはフルコミッション(完全歩合制)で働いております。
その為、基本給というものが一切ありません。
やればやるだけ、頑張れば頑張るほど自分の収入に返ってくるのです。

だからこそ会社には属さずに個人事業主として、保険を販売している人もおります。
そのような個人事業主の保険営業は企業に属さない為、
確定申告も全て自分で行わなければなりません。

しかし、報酬も一般的なサラリーマン以上にもらえる人が多くいるのが実情です。

保険営業で成功のコツやノウハウは?向いている人はどんな人?

1人で行動することが好きな人

保険営業マンは、1人で仕事を進めることがほとんどです。
チーム皆で協力して成し遂げようといったものは多くありません。

会社に出社するのも多くなく、週に1、2回書類を確認したり、
ミーティングで現状を確認したりっていうものがほとんどです。

もちろん直行直帰も許可されている企業が多いですが、
その分、夜も会食・接待等、人との付き合いで遅くなってしまうも多いです。

自分をストイックに追い込める人、

保険の営業マンは、上記で述べように、一人での仕事が多いです。
だからこそ、自分ひとりでもストイックに追い込める人、
目標遂行能力が高い人が成功できます。

会社員では、成果をあげなくても自然と給与が出ますが、
保険営業マンは成果を出せなければ生活出来ません。

自分で目標設定をして、その目標に対して愚直に行動できることが大切です。

決められた事を決められた通りにやりたい人とか、
毎月安定した一定収入を得たいという人は向いてないです。

保険営業を辞めたくても辞められない?貸付制度の実態とは?

上記のように保険営業は、やればやるほど稼げるメリットや、
自分の時間を自由に作ることも出来るメリットもあります。

一方、デメリットとして、
売れない人は仕事も辛いし、辞めたいと思う日々を過ごすことになります。
完全歩合制は全く稼げなくて、生活も危ぶまれてしまう人もいます。

完全歩合制で生活できない人向けに、固定給貸付制度

しかし、そんな稼げない営業マン(入社、転職したばかりの人も含む)へのヘルプとして、
保険代理店からの貸付金制度があります。

これは、保険代理店側が基本給として毎月固定給を支給するというものである。
しかし、実際は貸付金であり、返済義務があります。

仮に1年間固定給として支給し続けてもらった場合は、12万円×12か月=144万円
全て生活費として使ってた場合は、退職時に144万円の借金が残ることになり、
「一括で返済するまで辞めるな」とか、「返すまで辞めさせない」とかで、
自由に転職すら出来なくなってしまうのです。

見込み客のリストを買う?馬鹿にならない経費代。

また保険代理店によっては、
保険を契約すれば、歩合も得られますが、報酬からは経費も差し引かれます。

経費の一つとして、契約見込み客のリスト代があり、
その見込み客の情報代は、2万円/人にも上るとのことです。
また、事務所を使う為の費用である事務所維持管理費や、
パソコンレンタル代も差し引かれるようです。

経費が月の売り上げよりもが大きくなると、
赤字部分は報酬未精算金に加算され、赤字の金額として積み立てられるようです。
それが蓄積することにより、プラスの月があっても結果大した収入ももらえなくなります。

上記の場合で、何より怖いのは退職したときです。
収入はすべて使っていて、返済できるお金もなく、
辞めるときは借金だらけになってしまいます。

契約時にそのような認識を出来ていなかった求職者は、
その後も無賃金のまま働かせられる負のループに陥ってしまうかもしれません。

保険営業をやりたい人、辞めたい人もまずはアドバイザーに相談するべき。

今現在、世の中には無数の仕事があります。
これから保険営業で働くことを検討している方も、今保険営業で働いていて、転職したい方もまずは行動していくことが大事です。

キャリアアドバイザーにも相談して、
色々な仕事を紹介してもらって、本当に自分にあったお仕事を選んでいきましょう。