リーダーシップが欲しい人必見!

人生生まれてから、各々がなにかしらのコミュニティに属していて、

それぞれのコミュニティにおいて、役割や担当を担ったことがあるでしょう。

そして、必ずそれぞれのビジネス、コミュニティには、リーダーが存在しております。

昨今では、年功序列制をなくす企業も増えており、

主任や課長になったり、マネージャーになるケースも増えてきております。

今回は、”若手リーダー”の素質やあるべき姿について、述べさせていただければと思います。

明るさ・元気さで勝負

若いリーダーに期待するものの一つの要素として、明るく・元気であることです。

どんなに頭がいいリーダーだとしても、暗くて、声も小さい人についていきたいと思う人はいません。

自信がなさそうにみえてしまう為です。

明るく・元気でいる事は、自信があるように見えます。

(例え、自信がなくてもそのように見せてください)

現状少し暗い、自信がないっていう人は、今よりも少しでも大きく声を出して、

今よりも少しでも笑顔の挨拶を増やしましょう。

部下のいいところ(強み)をほめよう

部下の指導において、欠かせないことは、信頼関係を構築する事である。

信頼関係を構築すれば、注意したり、厳しく怒ることも愛情ととられる。

しかし、万が一信頼関係が構築できていなかった場合、

厳しく指導することは逆効果となり、組織として伸びない可能性が出てきてしまいます。

信頼関係を構築する上での第一歩は、相手のことをよく知ること。

そして、相手を知ったうえで、相手の良いところ、強みを誉めていきましょう。

部下育成の為に!与える人になれ

世の中はギブ&テイクの世界です。

ただ、リーダーはテイクするのではなく、ギブ側の立場にならなければなりません。

・笑顔を与える

・情報を与える

・刺激を与える

・考え方を与える

・感謝を与える、、、

常にGiveの考えを忘れないようにしましょう。

部下のモチベーション(やる気)を上げる

部下のモチベーション(やる気)を上げることは、リーダーにとって必要不可欠である。

モチベーションを上げる一つの方法は、目的を与えること。

モチベーションが低い社員の多くは、目的、目標がない。

人生の目標・組織内での目標・今日一日の目標等、

現状の課題・目標も明確に定め、

その道筋を立ててあげることもリーダーの役目である。

だからこそ、いま組織にあるビジョンはしっかり浸透させよう。

そして、なぜ、いまこの仕事をやっているのか、理解させよう。

時には厳しく!仲良し集団になるな

怒るのが怖い、怒ったら気まずくなってしまうのではないか、

嫌われてしまうのではないかと心配する人も少なくないだろう。

しかし、時には注意したり、叱ることは重要である。

要所を締めないと、ただの仲良し集団になってしまい、

組織として機能しなくなったり、時には不正が横行してしまうこともある。

まして現代では、若者は怒られることも少なくなり、

怒ってくれることに感謝を示して、好意を持ってくれる人もいるのだ。

だからこそ、時には厳しくすることも欠かせないでほしい。

相手に叱る際のポイントは、3つある。

①事実に基づいて叱る(人間的な否定はしない)

叱っていい部分は、物事に対しての事象だけである。

遅刻をしてしまったら、遅刻をしたことに対して叱り、

決して人間性等を批判してはいけない。

②何故そうなったのか理由を考えさせる

失敗してしまった理由を考えさせないと、

部下・後輩は次同じミスを再度してしまう可能性があがる。

何故そうなってしまったのか、どのように改善、解決すればいいのか、

考えさせることが重要である。

③最後にフォローの一言を言う。

叱った後のフォローの一言も欠かせない。

例えば、すごい期待しているとか、やればできるんだからとか、

そのようにプラス言葉を与えることで、

相手のモチベーションを保つこともできる。

部下から信頼を集める方法

一番部下の信頼を集めやすくする方法は、

一人一人と向き合って、部下からの相談に乗ってあげることである。

相談に乗る際のポイントは、下記3点である。

①よくうなずく

②的確な質問をする

③共感する(あいづち)

的確な質問については、

よく人の話を聞いているなと思わせることもでき、親近感をわきやすくさせる。

また、適度なあいづちも、共感してくれているというサインになり、信頼を集めやすくなる。

常にプラス思考(ポジティブ思考)であれ

自信がないリーダーには、誰もついていきたいとは思わない。

だからこそ常にプラス思考でいることが自信にも繋がるのである。

そして、一回失敗したことでくよくよするのもいけないことである。

リーダーは、挫折・失敗することに対して、

反省すべきことは反省し、もう一方では、成長したと喜んでいい。

以上、今後みなさんがリーダーシップを発揮する機会に、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。